時をかける少女

0
    時をかける少女 通常版
    時をかける少女 通常版

    劇場版はWebでの話題を元に、観に行ったのだが、改めて購入して観た。
    これ、凄く良い作品だと思う。
    かといって、「限定版」(10500円)をオススメ出来る程、器量が大きくないので
    通常版をアサマシしておく。

    アサマシエイト(アサマシ@はてな)
    http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%B5%A5%DE%A5%B7%A5%A8%A5%A4%A5%C8

    「時をかける少女」(以下、時かけ)は角川エンタテインメントが販売元。
    (今更「エンタテインメント」というのはどうか、という問題は別として。「イ」の次の「ン」は要らんのではないか)
    アンカーを「角川エンタテイメント」に付けたが、念のため以下にも。

    角川エンタテイメント
    http://www.kadokawa-ent.co.jp/

    上記リンクには「時かけ」ページへのリンクもある。
    TVCMやDVD告知映像を公開しているが、バッファ処理が不十分。

    バッファ
    http://ja.wikipedia.org/wiki/バッファ

    そこでYouTubeで「時かけ」を検索すると、MADをはじめとして色々と検索結果に出てくる。
    もうその時点で勝敗は決定している、というよりは「買う人は買うし、買わない人は買わない」という構図が出来上がっているのではないか。

    これからのDVDのあり方は、販売元は最初の10分程度を無料として「続きが観たい人は買って下さい」的な商売根性を示すべきだ。
    そうすると販売元のメリットでもあるし、購買層のメリットもある。
    はっきり言って、初めから終わりまで「買うか買わない」という、これまでの姿勢は変えた方がいいと思う。

    Web素人の私でさえYouTubeで検索してしまうくらいだから
    多くの購買するかもしれない層は、それがどの程度のものか「それ、YouTubeでチェックすればいいんじゃね?」というスタンスにあるし
    それがデファクトスタンダードだからだ。

    企業からしてみると、1年間の独自ドメイン取得&管理料金なんて、2 or 3人の昼食費くらいでしかないので
    保守要員さえ居れば、独自ドメイン取得は簡単すぎる話だ。
    (保守要員の時給が、とか、昼食費の基準は幾らか、などは勝手に決めると良い話だ)

    だからといって「独自ドメイン」を取得することに注力するのではなく
    購買層を増やす努力を角川エンタテイメントは行うべきだ。
    YouTubeでの検索結果やAmazonの星の数や文章に任せておくべきではない。
    (これは角川エンタテイメントのみに述べられることではない)

    話は変わるが
    USBメモリの発展は
    「お、こんなに容量があって、この値段?」
    というユーザの声から、企業努力があり、テクノロジの発展もあり
    結果的に従来のUSBメモリと同じ大きさで16GBのUSBメモリが15000円(これはすごい)という、陽的な連鎖に基づくものだ。

    「時かけ」に限定するならば、個人的には通常版でさえ、オススメ出来ない。
    通常版でも、面白くない、と判断する人には4000円は高すぎるからだ。

    ---
    というか、企業の(主にTV局の)クレームにより削除が行われるYouTubeに
    角川エンタテイメントは数分程度の「時かけ」を「企業として」アップロードすれば良いのだ。
    ---

    改めて言おう。
    「時かけ」は良作である。ただし、受け入れ手に依存することは間違いない。
    ココでオススメしたのは、劇場版もDVD版も観た、豊岡という個人の主観的史実に基づくものだ。
    「買え」というのではなく、「イイヨーこれイイヨー」程度にしか言えない、というのは、そういうことだ。

    ---追記はじまり
    DVDの3枚というのはどうか。
    YouTubeが動画サイトとして発展したのはアウトラインを読む、ということで
    画質は多少悪かろうが情報を得るにはOK、と利用者が判断したから、だろう。
    ---追記おわり

    デイリーポータルZ(@nifty)水曜日は安藤さん(大塚幸代さんも)。
    遠くからキーレスエントリー
    http://portal.nifty.com/2007/07/04/b/

    実際に試したのですが、確かに飛躍的に距離は伸びます。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:195 最後に更新した日:2009/08/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM