簡単フリーランス(女性編)

0
    こういうことを書くのはイヤだけど敢えて書く

    ***

    女性ライターが増えているようだ。海外で働く女性も増えている
    ワーキングホリデーとか、女性が多い
    実際、僕もメーリングリストに入っている海外求人も女性が活躍している場合が多い

    身近な例としても友達(女性)はよくオーストラリアに旅行に行く
    数ヶ月滞在するのだ。帰ってきたら看護婦という職が待っている
    ある意味、職を逆手に取った(言い方悪いけど)方法だよね

    ***

    ライターでも海外でも女性が多いのは、女性差別するわけじゃないけど
    結婚したら安定した生活が待っているからだろう
    そこまで、結婚するまで、という期間限定の燃え尽き症候群のようなものがあるのではないか

    これってタブー視されている問題だけど
    この問題には特に女性は、フリーランスとして働いている女性は重要視するべきだ
    女性の社会参画って、こんなか? 違うだろ?

    そもそもフリーランスっていうのは結婚しても続けられる仕事であり
    そういうメリットもあるけど、これも言い方悪いけど
    結婚したら辞められる、ていうメリットもあるんだよね

    ***

    特に30をボーダーラインにして道がどひゃーっと分かれると思うのだけれども
    それでもフリーランスな人は結婚しても、半分くらいはフリーランスだろうし
    30くらいになったらフリーランスもやってらんないな、てな感じもあるだろうと思う

    こういったケースってのは統計取らないのな
    結構調べたんだけど、無かった
    要するに意識が(何だかトゲがある言い方だなあ)低いのかもしれん、とか何とか

    一方、男性はどうか、ていうと30はおろか、それ以前でも職に就いてないと
    お見合いさえどうなるか、てな感じなわけですよ。絶対下位
    これも女性と比べると対照的で、自由度が少ないよね

    ***

    たまにメールを頂く
    「ライターとして頑張りたいです。就活もどうしようかと迷っています。」
    迷うな

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:195 最後に更新した日:2009/08/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM